「我が国における少子高齢化の現状」

こんにちは。
相談役・税理士の池田茂雄です。
今回は、「我が国における少子高齢化の現状」について述べてみます。

 現在の日本の総人口は、過日の総務省の発表によると「1億2,686万人」で、そのうち65歳以上の高齢者の割合は27.7%で「3,514万人」となっております。
 我が国の人口は減少局面を迎えており、今後の予測では、2055年には我が国の人口は今より33%減少して「8千5百万人」となり、そのうち65歳以上の高齢者の割合は40%ちかくになると云われております。

1. 日本における総人口に占める高齢者の割合
   65歳以上の女性  1,988万人   15.7 %
   65歳以上の男性  1,526万人   12.0 %
     (計)   (3,514万人) (27.7 %)
   70歳以上の男女  2,519万人  (19.9 %)
   80歳以上の男女  1,074万人  ( 8.5 %)
   90歳以上の男女    206万人  ( 1.6 %)
   100歳以上の男女      6万人  ( 0.05%)

2.世界における高齢者の割合(65歳以上)
  (1)日   本    27.7%
  (2)イ タ リ ア    23.0%
  (3)ド イ ツ    21.5%
  (4)フ ラ ン ス    19.7%

3.世界における高齢者の就業率(65歳以上)
  (1)日   本    22.3%
  (2)米   国    18.6%
  (3)カ ナ ダ    13.1%
  (4)ド イ ツ     6.6%

4.日本人の「平均寿命」
    女  性    86.83歳    世界第1位
    男  性    80.50歳    世界第3位(第1位は香港)

5.日本人の「健康寿命」
    女  性    74.21歳   (平均寿命より約13歳短い)
    男  性    71.19歳   (平均寿命より約 9歳短い)

 健康寿命とは、健康上に問題がない状態で日常生活を送れる人のことを云います。
寝たきりや、自立度の低下などで、要介護の必要な状態では健康で生活が出来ているとは云えません。日常生活において、介護を必要とせず、自立した生活を続けられる「健康寿命」を延ばすとこが重要であります。

「現代病の大半は、歩かないことが原因である。歩行は、脳を変え人生を変える。」
「病気の9割は歩くだけで治る・長尾和宏著」(ベストセラー)。

関連記事

    None Found

トラックバック

トラックバックURL: http://ikeda-act.jp/wp/archives/1149/trackback

pagetop